病気発覚から1年

1年前のちょうど今ごろ、外来専門クリニックから伊藤病院への紹介状をもらい、甲状腺乳頭癌について日々検索していた←いま思い返すと懐かしい。

先日、その紹介状を書いてもらったクリニックへ毎年恒例の乳がん検診へ。
先生から「甲状腺の手術、どうだった?楽だったでしょ?」と聞かれた。

ら、楽?と衝撃を受けつつ、「手術した日の夜はちょっとキツかったです」と答えると、「え?そう?僕の患者さんはケロッとしていたと思ったけど」と…(←先生、気のせいで賞)

水を飲むのも辛かったので、痛み止めを飲むくらいなら我慢するほうがマシだと思い、痛み止めを飲まなかったことをお伝えしたら「あ、それじゃぁねぇ」と。

先生は何もおっしゃらなかったけど、私から首元を開いて「傷は今こんな感じです~」とお見せしたら、先生、ガン見、そしてしばし沈黙。(看護師さんまでガン見していた105.png


「…ずいぶん傷が目立たないし…きれいですねぇ(ガン見しつつ、さらに沈黙)」
「さすが伊藤病院の先生だね」と。


先生のコメントに対し『伊藤病院で手術を受けて大正解でした』と言ってしまうと、選択肢にあった先生ご出身の大学病院を否定しかねないため(ホントは避けたんだけど)「おかげさまで…」と無難に返答←大人な対応で賞。


現在、薄くなった傷の一部は白くなっている←新しい皮膚?
相変わらず疲れているときは張り(むくみ?)、嗄声があるものの、慣れてしまったので気にならず。

去年の夏はどこへも行けなかったので、旅に出たい病が進行中…

↓数年前、何気なく撮ったものの「かもめが翔んだ日」状態だった1枚104.png

a0364510_15523789.jpg


by chiroru-dimsum333 | 2018-02-17 16:33 | 甲状腺 | Comments(0)