人気ブログランキング |

記録・甲状腺乳頭癌(ついでに食べ歩き記録も)

入院3日目(手術当日 その2)

サブタイトルをつけるなら「長い夜」←松山千春か?

3時間の安静時、看護師さんが「いま折り返し地点」など声をかけてくださったので、時計をチラチラ見ながらひたすら耐える。
しかし…辛いし、暑い←掛布団は蹴ったまま。

安静時間が終わり、最初に起き上がり方を教えていただく(首に力を入れてはいけない)
(↓着替えの間など、家族は部屋の外に出るよう言われます)

起き上がってからはパジャマに着替え(看護師さんが手伝ってくださる)
看護師さんの指示に従いながらストローで水を恐る恐る飲んでみる…飲み込む時に何とも言えない痛み145.png
扁桃腺が腫れている時に物を飲み込む際の痛みに似ているけど…圧迫感があるので何とも言えない感覚。
他の方の闘病ブログに安静時間にのどが渇いて仕方がなかったとあったけど、私は喉の圧迫感のほうが強くて水を飲みたいと言う気持ちにならず。

「行けそうだったらトイレに行ってみますか?」と聞かれ、ここで断ったら女がすたる(意味不明)と思い行ってみることに。
立ち上がった時に一瞬めまいがしたものの、生まれたての仔馬状態になることもなく110.png歩けた。

無事にトイレも終了(今日のノルマを全て達成した感)
帰宅ラッシュが始まると悪いので家族を早めに帰らせる。

看護師さんから少しベッドを起こした状態の方が楽だと教えていただき、確かにその通りなのでリモコンで角度調整しつつ、横向きになったり、反対側に寝返りをうったり…首から下げているドレーンのポシェットをつぶさないように気をつけながらベストな姿勢を模索。
うとうとしながら点滴していると…何となくまた尿意が。
点滴があともう少しで終わり、という感じだったので終わるまで我慢しようと決め、体勢を変えようと寝返りを打ったら、

ピンポーン…

お尻でナースコールを押してしまった149.png

3時間安静の間はナースコールを左手に握っていたけど、終わってからはベッドの上に置いたまま、
寝返りを打った時、よりによって尻の着地点がボタンの上(コントでもこんなにうまくはいかないと思う…)
「私じゃなくて尻が押しました」とも言えず、尿意は感じていたので恐縮しながらお手洗いに行きたいことを伝えたら、すぐに来てくださった(お忙しいのにホントすみませんでしたm(__)m)
看護師さんは「遠慮なく呼んで下さいね」と言って下さるものの、申し訳なくて恐縮してしまう。

点滴が終わったあとは自由(確か消灯時間まであと1時間ちょいって感じだったような…)
起きてテレビを見ていても良いですよと言われたけど、調子がイマイチなので寝ることに決定←動物と同じで具合が悪い時はじっとして動かない(野生の本能)

確か消灯前に当直の先生?が傷の確認に来られ、消灯後~朝までは定期的に看護師さんが傷の状態確認に来てくださった(おそらく術後出血がないか等の確認かと…ご面倒をおかけしてすみません)

前日、先輩方からうかがったとおり、とにかく夜が辛い。
常に喉が締めつけられているような圧迫感があるし、一晩中タンとの闘い。
おっさんみたいに「カァァ~ッ、ペッ」と出来たらどんなに楽か、と思った(タンを出すにも一苦労)

ベッドを少し起こした状態のまま横向きが一番楽な姿勢だったので、その状態で寝るものの…いかんせん眠りが浅いので1-2時間ごとに目が覚め、「苦しい…」または「暑い」、
目が覚めたときは喉の圧迫感に耐えながらタンを出す、の繰り返し。
夜中に目が覚めたとき、「こんなに辛いなら手術をしなきゃ良かったかも…」と一瞬思ったけど、「やらなかったら癌は大きくなっていただろうし、もっと大ごとになっていたはず」と、ひとりボケ突っ込み。

入院4日目へ続きます…

by chiroru-dimsum333 | 2017-08-09 21:47 | 入院・手術 | Comments(0)
<< 入院4日目 入院3日目(手術当日 その1) >>



2017年7月に甲状腺乳頭癌の手術を受けました。通院・入院の記録がどなたかの参考になれば幸いです。
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
カテゴリ
最新のコメント
> あんずジャムさま ..
by chiroru-dimsum333 at 14:38
術後一年たった私なんかよ..
by あんずジャム at 09:47
術後一年たった私なんかよ..
by あんずジャム at 09:47
検索
タグ
ブログジャンル